小顔が維持される期間

医者と看護師

脂肪吸引の効果が維持される期間

顔の脂肪が厚く、その影響で顔が大きく見える方は脂肪吸引による整形手術が適しているでしょう。顔の脂肪を除去する際、カニューレという細い試験管を使用し脂肪を吸引していきます。脂肪に直接アプローチするので、術後の変化は目に見えて違うはずです。脂肪吸引による小顔整形の効果は、半永久的に保つことができます。手術の効果を維持したい場合、脂肪が再度蓄積されないように注意することが大事です。脂肪の蓄積は代謝の悪化や噛み合わせ、たるみなどが影響して起こります。術後は、ヘルシーな食事を心がけ、両方の歯で咀嚼しバランスが崩れるのを防ぎましょう。また、スキンケア中は適度な刺激でマッサージを行い皮膚のたるみを予防しましょう。

ボトックス注射の効果が維持される期間

脂肪吸引よりも手軽な小顔整形といえば、ボトックス注射です。この整形では、ボツリヌストキシンを顔の発達した筋肉に注入し小顔を目指していきます。ボトックス注射は脂肪吸引と比べ、効果が維持される期間が短く3ヶ月から4ヶ月ほどとなっています。ただ、術後のダウンタイムがなく、痛みや腫れも起こりにくいためリスクが低い小顔整形となっています。また、メスを使用しないので、注射する頻度を調整することも可能です。小顔効果を維持したい場合は少なくても半年に一度の注射は行っておくことが必須だと言えそうです。

Copyright© 2019 美人度が上がる小顔!整形で効率よく手にいれよう All Rights Reserved.